表裏一体ポジティブブログ~悪いことも視点て良いことに思おう~

様々なことにチャレンジする様子等をお届けします。「三日坊主も繰り返せば多動力」をモットーにうまくいかなくて途中であきらめることがあっても、常にポジティブに取り組んでいきたいなと思います。まずは半年間の通信講座で2020年度行政書士試験にチャレンジします!

民法「心裡留保」「虚偽表示」「錯誤」

スポンサーリンク

今日は民法の「心裡留保」「虚偽表示」「錯誤」を勉強しました。

1.心裡留保

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
<条文>
民法 第九十三条 心裡留保

意思表示は、表意者がその真意ではないことを知ってしたとき
であっても、そのためにその効力を妨げられない。
ただし、相手方がその意思表示が表意者の真意ではないことを知り、
又は知ることができたときは、その意思表示は、無効とする。


2 前項ただし書の規定による意思表示の無効は、
善意の第三者に対抗することができない。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「裡」という字、初めて見ました。

goo国語辞書によると「心裡」とは
「こころのうち。心中」という意味だそうです。

心裡留保とは「真意をこころのうちにとどめておく(内緒にする)」
ということでしょうか。

この条文では、ざっくり
・真意はどうであれ、外向けに意思表示したものが有効となる
・例外として、相手が真意を知っているor知ることができる場合は、
 無効にできる
・例外の例外として、善意の第三者にたいしては有効となる
として覚えておきます。


2.虚偽表示

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
<条文>
民法 第九十四条 虚偽表示


相手方と通じてした虚偽の意思表示は、無効とする。


2 前項の規定による意思表示の無効は、善意の第三者
対抗することができない。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

これは条文そのままなのでわかりやすいです。
ただ私はあまり事例を思いつないですね。
所得隠しの事例があるようです。

善意の第三者は「心裡留保」でも登場しましたが、
どちらも保護するに内容になってますね。

善意の第三者にあたるかどうかは、
いくつかの場合分けがあるようなので、
試験が近づいたら覚えます。


3.錯誤


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
<条文>
民法 第九十五条 錯誤

意思表示は、次に掲げる錯誤に基づくものであって、
その錯誤が法律行為の目的及び取引上の社会通念に照らして
重要なものであるときは、取り消すことができる。

一 意思表示に対応する意思を欠く錯誤

二 表意者が法律行為の基礎とした事情についての
  その認識が真実に反する錯誤

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「錯誤」と「心裡留保」の違いは、真意と違う意思表示が
故意かどうかでしょうか。
「錯誤」は意図せず真意とちがう意思表示なので、
心裡留保」よりは意思表示者に対して寛大な対応をしているように
思えます。

 

今日は以上です。

ありがとうございました。

 

試験日まであと148日