表裏一体ポジティブブログ~悪いことも視点て良いことに思おう~

様々なことにチャレンジする様子等をお届けします。「三日坊主も繰り返せば多動力」をモットーにうまくいかなくて途中であきらめることがあっても、常にポジティブに取り組んでいきたいなと思います。まずは半年間の通信講座で2020年度行政書士試験にチャレンジします!

行政書士試験 行政法 行政不服審査法について

スポンサーリンク

こんばんわ。

今年5月20日から行政書士試験勉強を始めて
日々の勉強で学んだことをブログに書いております。

昨日までで行政手続法は終わり、
今日から行政不服審査法に入ります。

行政法は量が多いですね。。。

 

 

1.目的

行政不服審査法 第一条 より    この法律は、行政庁の違法又は不当な処分その他公権力の行使に当たる行為に関し、国民が簡易迅速かつ公正な手続の下で広く行政庁に対する不服申立てをすることができるための制度を定めることにより、国民の権利利益の救済を図るとともに、行政の適正な運営を確保することを目的とする。

 

2.処分についての審査請求

行政不服審査法 第二条 より   

 行政庁の処分に不服がある者は、審査請求をすることができる。

3.不作為についての審査請求
 

 行政不服審査法 第三条 より    

 行政庁の不作為(法令に基づく申請に対して何らの処分をもしないこと)がある場合には、当該不作為についての審査請求をすることができる。

4.審査請求をすべき行政庁

 行政不服審査法 第四条 より     

 
 一 処分庁等(処分をした行政庁)又は不作為に係る行政庁(不作為庁)に上級
   行政庁がない場合又は処分庁等が主任の大臣若しくは宮内庁長官若しくは内
   閣府設置法(平成十一年法律第八十九号)第四十九条第一項若しくは第二項
   若しくは国家行政組織法(昭和二十三年法律第百二十号)第三条第二項に規
   定する庁の長である場合は当該処分庁等に対して行う

 二 宮内庁長官又は内閣府設置法第四十九条第一項若しくは第二項若しくは  
   国家行政組織法第三条第二項に規定する庁の長が処分庁等の上級行政庁であ
   る場合は宮内庁長官又は当該庁の長に対して行う

 三 主任の大臣が処分庁等の上級行政庁である場合(前二号に掲げる場合を  
   除く。)は当該主任の大臣に対して行う


 四 前三号に掲げる場合以外の場合は当該処分庁等の最上級行政庁に対して行う

 

 

今日は以上です。
お疲れさまでした。


試験日まであと91日

 

 

にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ
にほんブログ村

 

 

受講している通信講座はこちら


使っている参考書はこちら

合格革命 行政書士 基本テキスト 2020年度 (合格革命 行政書士シリーズ)
 

 

 

 

sanadoreas.com

 

 

sanadoreas.com