表裏一体ポジティブブログ~悪いことも視点て良いことに思おう~

様々なことにチャレンジする様子等をお届けします。「三日坊主も繰り返せば多動力」をモットーにうまくいかなくて途中であきらめることがあっても、常にポジティブに取り組んでいきたいなと思います。まずは半年間の通信講座で2020年度行政書士試験にチャレンジします!

行政書士試験 行政法 行政事件訴訟法 取消訴訟について

スポンサーリンク

こんにちわ。

今年5月20日から行政書士試験勉強を始めて
日々の勉強で学んだことをブログに書いております。

 

 

 

1.処分性とは

 判例によると「行政庁の法令に基づく行為のすべてを意味するのではなく、公権力の主体たる国又は公共団体が行う行為のうち、その行為によって、直接国民の権利義務を形成し又はその範囲を確定することが法律上認められているもの」とのこと

 
2.原告適格とは

 訴訟を提起する資格のこと。

行政事件訴訟法  第九条 より    処分の取消しの訴え及び裁決の取消しの訴え(取消訴訟)は、当該処分又は裁決の取消しを求めるにつき法律上の利益を有する者に限り、提起することができる。

 

 
3.訴えの利益とは

 
 訴訟を提起する実益のこと
 処分が取り消されたことにより、原告に実益がなければならない。

 


今日は以上です。
お疲れさまでした。


試験日まであと82日

 

 

にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ
にほんブログ村