表裏一体ポジティブブログ~悪いことも視点て良いことに思おう~

様々なことにチャレンジする様子等をお届けします。「三日坊主も繰り返せば多動力」をモットーにうまくいかなくて途中であきらめることがあっても、常にポジティブに取り組んでいきたいなと思います。まずは半年間の通信講座で2020年度行政書士試験にチャレンジします!

行政書士試験 行政法 行政事件訴訟法 取消訴訟の審理

スポンサーリンク

こんにちわ。

今年5月20日から行政書士試験勉強を始めて
日々の勉強で学んだことをブログに書いております。

 

1.取消しの理由の制限

行政事件訴訟法 第十条 より    取消訴訟においては、自己の法律上の利益に関係のない違法を理由として取消しを求めることができない。

2.この法律に定めがない事項

行政事件訴訟法 第七条 より  

 行政事件訴訟に関し、この法律に定めがない事項については、民事訴訟の例による。

 

3.請求の客観的併合

行政事件訴訟法 第十六条 より  

 取消訴訟には、関連請求に係る訴えを併合することができる。

 

4.訴えの変更

行政事件訴訟法 第二十一条 より   

 裁判所は、取消訴訟の目的たる請求を当該処分又は裁決に係る事務の帰属する国又は公共団体に対する損害賠償その他の請求に変更することが相当であると認めるときは、請求の基礎に変更がない限り、口頭弁論の終結に至るまで、原告の申立てにより、決定をもつて、訴えの変更を許すことができる。

 

今日は以上です。
お疲れさまでした。


試験日まであと79日

 

にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ
にほんブログ村