表裏一体ポジティブブログ~悪いことも視点て良いことに思おう~

様々なことにチャレンジする様子等をお届けします。「三日坊主も繰り返せば多動力」をモットーにうまくいかなくて途中であきらめることがあっても、常にポジティブに取り組んでいきたいなと思います。まずは半年間の通信講座で2020年度行政書士試験にチャレンジします!

将棋クエスト初段の将棋日記  三間飛車 VS きmきm金

スポンサーリンク

こんばんわ。

将棋クエスト初段の将棋日記です。

2段に向けてチャレンジ中です。

 

今日の将棋ポイント
〇三間飛車対策に困っている人必見!きmきm金の実践例
〇美濃囲いの弱点、端攻めの攻防

今日の将棋(負け)

f:id:sanadoreas:20200910171322p:plain

投了図

 

棋譜


▲相手(1700代) vs. ▽私(1712) 

感想戦

三手目、相手7五歩を見て、きmきm金を採用。早々に金を前線に上げて、相手飛車先の歩交換を防ぐために金を横に横に移動。

f:id:sanadoreas:20200910171440p:plain

相手が飛車先の歩交換を諦め、玉を囲い始めたのをみて、相振り飛車に。相手は相振り飛車戦での王道、金無双を構築。まだこちらは居玉なので、相手に攻めの糸口を掴ませないように、注意します。こちらは飛車先の歩交換をした後、そのまま飛車を前線に置くことで、相手の攻めを牽制。後にこの前線に置いた飛車を攻められて苦戦します。

f:id:sanadoreas:20200910171535p:plain

前線に飛車、金があり角道を通していることで、相手に十分な威圧も与えることができました。相手が、いったん仕切り直しで攻めの準備をしている間にこちらはさっさと片美濃囲いを構築します。

f:id:sanadoreas:20200910171614p:plain

ここまで戦況も互角。ただ相手の方が玉の囲いが硬く、駒の連結も取れている。ここでいつも悩むのが左銀の扱い。相手との玉の囲いの差を無くすために、左銀を玉に寄せていくことにしました。すると相手が1七銀と上がってきました。
 
f:id:sanadoreas:20200910171656p:plain
ここで痛恨の悪手1四歩。一手パスのような手を打ってしまいました。
将棋クエストの検証では、7五金で金銀交換から攻めていく手が有効でした。ここから相手の銀が前進してきます。これで戦況が相手に傾きだします。

f:id:sanadoreas:20200910171753p:plain

こちらからの攻め手はなく、相手の攻めを待ちます。美濃囲いの弱点、端攻めです!この対応を一手でも間違えれば、即負けに繋がるので慎重に対応します。

f:id:sanadoreas:20200910171854p:plain

78手目、相手の端攻めがひと段落し、こちらの番です。角頭が空いてるので香車で角を攻めます。

f:id:sanadoreas:20200910171937p:plain

攻め合いで取られた飛車で王手金どりを仕掛けられます。

f:id:sanadoreas:20200910172025p:plain
そして6六馬。9六桂の詰めろとなります。

f:id:sanadoreas:20200910172107p:plain

ここでまた悪手14歩。相手の打ちたいところにこちらが打つのはれっきとした手ではありますが、ここは大人しく18歩でした。
 
これで負けとなりました。
 
 
  
にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村