表裏一体ポジティブブログ~悪いことも視点て良いことに思おう~

様々なことにチャレンジする様子等をお届けします。「三日坊主も繰り返せば多動力」をモットーにうまくいかなくて途中であきらめることがあっても、常にポジティブに取り組んでいきたいなと思います。まずは半年間の通信講座で2020年度行政書士試験にチャレンジします!

将棋クエスト初段の将棋日記 藤井システム VS 居飛車

スポンサーリンク

こんばんわ。

将棋クエスト初段の将棋日記です。

2段に向けてチャレンジ中です。

 

今日の将棋ポイント
〇四間飛車最強の攻撃戦法、藤井システムの実践例
〇藤井システムの欠点、攻めきれなかった後は悲惨です

棋譜

▲私(1722) vs. ▽相手(1600代)

 

感想戦

相手が居飛車なのでいつもどおり四間飛車に。端歩をついたところ反応なし。これは居飛車穴熊の可能性があります。こちらは対居飛車穴熊として藤井システムを組みます。

f:id:sanadoreas:20200908211232p:plain

こちらは藤井システムの陣形を組むことができ、本来は相手が穴熊を組もうと1二香車と打つのをまつのですが、先手攻撃を仕掛けることにしました。

f:id:sanadoreas:20200908211511p:plain

さすがの藤井システム。攻撃力が半端ないです。

f:id:sanadoreas:20200908211616p:plain

ここまで優位に攻めてましたが、ここで悪手を連発。戦況は相手優位に。

f:id:sanadoreas:20200908211755p:plain

ここから強引に攻めていきますが、固く守られてどちらも攻め切れない状況です。

こちらも相手飛車に対して壁を作って固めてましたが、相手2八角が厳しかったです。

f:id:sanadoreas:20200908212014p:plain

3七桂と守るも6四角と打たれ、攻め手の成桂を取られてしまい勝負ありました。

f:id:sanadoreas:20200908212252p:plain

序盤良い感じで進めていただけに、悔しい敗戦です。藤井システムは攻撃力が高い分、守りは弱いので、1つのミスが命取りになりますので、十分注意して打つ必要があります。

 

<投了図>

f:id:sanadoreas:20200910174820p:plain

 

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村